いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

スタッフブログ
2018/05/30
歯の豆知識
2018/05/01
2018/04/01

歯周病について

みなさんこんにちは!
仙台市泉中央区 いずみ歯科医院、歯科衛生士の佐々木です☺︎

最近は曇りの日が多くてジメジメ暑いです😣
カラッと晴れる日が少なくなってきて、そろそろ仙台も梅雨入りの時期に近づいてきましたね☔️

今回は『歯周病(ししゅうびょう)』にいて
お話ししたいと思います!

まず最初に歯周病とゆうのは、
細菌の感染によって引き起こされる病気です。
歯磨きが不十分だと、細菌がネバネバした物質を作り、
歯にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く
うがいをした程度では落ちません😣!
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われていて、むし歯や歯周病をひき起こします。
この歯垢(プラーク)の中の細菌によって
歯ぐきが赤くなったり腫れたりします。
進行してしまうと歯を支えている骨を溶かしてひまい、
結果的に歯を失う原因となります。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ、だんだんと硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固にくっつきます。 これは歯磨きだけでは取り除くことができません😣
この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、
歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

その他にも歯周病を進行させる原因がいくつかあるんです!
・歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
・不適合な被せ物や義歯
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
・薬の長期服用
さまざまな原因が歯周病を進行させます。

歯周病は治せないの?とおもう方がいると思うんですが、
歯周病は進行を阻止することができ、
健康をとりもどすこともできるんです!

まず、歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、
歯垢(プラーク)をためない、増やさないことが
基本になります!そのためには、正しい歯磨きを
毎日行うことが重要になります!

歯の表面を歯垢(プラーク)のない清潔な状態にしておく事が
何より大切なこなんです!
『ちゃんと歯磨きをしているから大丈夫』と思う方もいるかと思いますが、歯磨きを「している」と言っても、必ずしも
「できている」とは言えません。実は、きちんと
歯垢(プラーク)を取れる歯磨きをしている方は、
ほとんどいないのです。

なので!歯を守るためには、歯科医院で正しい磨き方を
身につけることが重要になります!
そしてお口の健康を保つのため、
歯科衛生士による専門的なクリーニングなどの
メインテナンスを定期的に受けることもとても大切です!!!

正しい歯磨きの仕方がわからない、、、
歯石を取ってほしい、、、
歯周病かどうかわからない、、、
っと感じたらぜひ歯科医院にてご相談ください😀

インドアビュー