いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

スタッフブログ
2018/05/30
歯の豆知識
2018/05/01
2018/04/01

歯の詰め物の種類

こんにちは!仙台市泉区いずみ歯科医院の庄子です(^ω^)

私は6月18日に系列の宮城野区新田にあるパーク歯科クリニックから異動してきました(°▽°)
みなさんよろしくお願いします!!

今日は歯の詰め物の種類についてご紹介します!

まず、プラスチックをつめる時と型を取って詰め物をはめ込む場合がありますが何が違うのでしょうか?
(°_°)??
簡単に説明すると、虫歯が小さい時はプラスチックの歯と同じような色の詰め物をします!
しかし、プラスチックだと耐久性に優れないので、虫歯が大きい時は型を取ってはめ込むタイプの詰め物にします。(先生の判断で色々変わりますが)

はめ込むタイプの詰め物はインレーと言います。
そのインレーですが、種類が何種類かあります。

①保険適用のインレー
これは金属の詰め物です。メリットは保険適用なので1番コストを抑えられます。
デメリットが沢山あります。まず、金属なので見た目が悪いですW(`0`)W
金属は長年使っていると錆びたり溶けてきたりして金属アレルギーを起こしてしまったり、溶けた金属が歯や歯茎に着色したりもします。
硬いので噛み合う歯に負担がかかってしまったり、虫歯の再発がしやすい事もあります(´-`)

②ゴールドインレー
これは金で出来たインレーです(*´∇`*)
適合性がよく歯にとっても優しい詰め物です!!
アレルギーの心配もなく、虫歯の再発もしにくいです!
しかし、色は金なので目立ちますね(O_O)
そしてこれは保険がきかないので値段が高いのがデメリットです( ;∀;)

③ハイブリッドセラミックインレー
これはプラスチックを改良して変色しにくく、強度もアップさせた材料です!
歯と同じような色に出来るので目立ちません!
しかし、これも保険がきかないので自費になるのと、長年使っていると若干の変色はあるかもしれません(°_°)

④e-maxインレー
これは100%セラミックで作ったインレーです!
透明感もあって綺麗で自然ですし、耐久性もあります!
歯と強固にくっつくので虫歯の再発がしにくいです!
ハイブリッドセラミックインレーと違って100%セラミックなので変色はほぼしません(・∀・)
もちろんアレルギーの心配もなく、歯に優しいです(°▽°)
でも保険がきかないので値段は高くなります( ;∀;)

このように、治療をするにも選択肢は色々あります。
見た目なのか?
健康なのか?
耐久性か?
コストか?
患者さん自身が何を重要視するかによって最適な治療をご紹介していきます(・∀・)
分からないことや詳しく知りたいことがあれば言って下さい(^ω^)

インドアビュー