いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

スタッフブログ
2018/05/30
歯の豆知識
2018/05/01
2018/04/01

歯をぶつけた

皆さんこんにちは。
仙台市泉区のいずみ歯科医院院長の大谷です。

気温も上がり、大人の方も子供の方も外出する時間も増えて来た事でしょう。
今は仙台市ではノロウィルスが流行しているため、気を抜かぬよう十分注意しましょう。

さて、当院でも比較的多い「外傷」についてお話ししたいと思います。
お子さんが転んでしまったり、顔をぶつけてしまったりして乳歯や生えてきたばかりの永久歯をグラグラにさせてしまうケースをよく拝見します。
大人の方でも、スポーツや事故で永久歯をぶつけてしまう方もいらっしゃいます。

専門用語で、「外傷」と言いますが、外傷により歯冠(歯の頭の部分)が割れたり折れたりしていなくても、
「歯が動いている」「歯の向きが変わった」「歯の位置が変わった」などの症状がある場合、歯が抜けかかっていたり、根が折れている可能性があります。
そのため、「転んだ」「ぶつけた」だけではない症状が併発している事もあるのです。

ケガをした直後は出血だけで大丈夫だと思っても、歯のヒビや根が割れてしまっていることがあります。
また、歯の位置が動いてずれてしまい、下の歯との噛み合わせが悪くなったり、最悪な場合は抜け落ちてしまうこともあります。
衝撃で歯の神経が壊死してしまい、将来的に歯の色が変色したり、膿が溜まってしまうことも多々ございます。

まず、歯が抜けていないかどうか、割れていないかどうか、など、レントゲンの写真を撮ったり精密な検査をしたりして、確認が必要になるので、慌てず歯医者に行きましょう。

歯が欠けた、抜けた、などの場合、適切な治療をすれば復旧する可能性もあります。

また、外傷が起きた場合、歯ぐきや唇を傷付けて出血している事が多いので、直接触るような事はせずに清潔を保つよう洗浄し、すぐに来院してください。
傷口から雑菌が入り込むと大きくはれ上がったり膿んだりすることもあるため、十分注意が必要となります。

外傷により、歯の完全な「脱臼」、少し抜けてしまう「亜脱臼」、歯が割れてしまう「歯冠破折」、根っこが割れてしまう「歯根破折」など、病名がいくつかあります。

最後に記した「歯根破折」は一番重度で、神経を取る治療をせざるを得なかったり、最悪の場合保存が難しく抜くことになってしまったり、将来的に寿命を一気に短くしかねません。

歯をぶつける事を避けることは難しいのですが、もし万が一そのような事が起きてしまったら、必ず歯科医院を受診しましょう。

インドアビュー