いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

毎日の歯磨きと生活習慣

こんにちは( • ω•́ )✧
仙台市泉区 いずみ歯科医院
スマイルサポーターの皆川です♡

今回は毎日のはみがきについてと生活習慣について
お話させて頂きます\( ・ω・ )/

口腔内を清潔に保ち、トラブルを防ぐには
毎日の歯磨きを正しい方法で行うことが大切です。
また、毎日の食事で何気なく口にするものの中には
歯に悪影響を及ぼすものがある事を知っておきましょう!!

(正しい歯磨きの3つのポイント)
ブラッシングの方法はいくつかありますが
次の3つに注意して磨いてみましょう!

①道順を決めて磨く。
歯磨きで一番大切なのは、
磨き残しをつくらないこと。
そのためには、歯を磨く道順を決めて
習慣にすることがポイントです!
例えば、右上の奥歯表面から始まって
左下表面を経由して右上に戻ったら
今度は裏側も同じ順番で磨きましょう!!

このように、歯の表面を全部通るような
道順をつくり順番に磨く習慣を
身につけていきましょう⊂( ^ω^ )⊃

②歯ブラシは鉛筆を持つように扱う。
歯ブラシを握りしめ、力を入れてゴシゴシ
こすり続けると、歯ぐきが傷つくだけでなく
歯の表面のエナメル質も徐々に削れて
減ってしまいます。
歯ブラシは鉛筆で字を書く時のように握り
歯と歯の隙間も注意して、細かく動かすことが
ポイントです☆

③歯と歯の隙間は、歯間ブラシやフロスを利用する。
いくら丁寧に歯磨きをしても、歯と歯の隙間の
汚れは取り切れません。そこで、夜の就寝前などに
フロスや歯間ブラシを利用して歯と歯の間を
きれいにしましょう!!
なお、爪ようじなどで歯の間をつつくのは
やりすぎると歯ぐきを傷つけることがあるので要注意。

(口腔内の健康を保つには食生活も大切)
口腔内のトラブルを予防するには、歯磨き以外に
日常生活でも注意したいことがあります!
まず、酸の過剰摂取に注意ですね!
普段飲んでいる清涼飲料水には
pHが低い、つまり酸性度の高いものが多いんです!
酸は歯を溶かしてしまうので、飲み過ぎ注意です!
栄養ドリンクやスポーツ飲料、赤ワインなども
酸性度が高いので注意が必要です!
歯の表面は、硬いエナメル質で覆われてるとはいえ
長期間、酸にさらされているとエナメル質が溶けて
象牙質が現れてきて知覚過敏を引き起こすことがあります。特に夜間やスポーツの後は、唾液が出にくいので
強い酸を口に入れると歯にダメージを与えかねません!
また、従来言われている通り、砂糖は虫歯の原因になるので取りすぎを控えましょう!!
ただし、酢などの酸も砂糖も通常の量で
歯磨きをきちんと行っていれば、それほど
心配する必要はないようです!!

参考文献:よくわかる歯科治療2014

それほど、歯磨きは大事なので
皆さんしっかり歯磨きをしましょう(*^^*)

インドアビュー