いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

ドライマウス(口腔乾燥症)について

こんにちは!仙台市泉区いずみ歯科医院 衛生士の後藤です(*´ー`*)

さて今回はドライマウス(口腔乾燥症)についてです!

ドライマウスとはその名の通り唾液の出る量が少なくなる事によってお口の中が乾燥する状態の事をいいます。
日本では約800万人の方が、ドライマウスの症状があると言われています!

症状としては軽度の場合、お口の中のネバつき、口臭などがあります。
通常であれば唾液で洗い流されているお口の中の細菌が増えて、虫歯や歯周病のリスクが高くなります(>_<) 症状が重度の場合だと歯周病菌や虫歯菌が大量に増えるので多くの虫歯ができたり、歯周病によって歯がぐらついたり抜けてしまうだけではなく、お口の中の細菌が肺に入って肺炎を引き起こす誤嚥性肺炎になることもあります(;_;) ドライマウスは、原因の多くが口呼吸、ストレス、食生活や糖尿病、高血圧などの生活習慣病とその治療薬の副作用などです。 ドライマウスの見分け方として、 ・舌の下に唾液が溜まってない ・舌の上に唾液がみられず乾いている ・唾液が泡だったり、ネバネバしている ・口腔粘膜がツルツルしている ・水分摂取量や尿量の低下(脱水が疑われる時) ・義歯が外れやすくなる などの症状があったらドライマウスの可能性があります。 では対策をいくつか紹介したいと思います(o^^o) 口腔ケアを全体的に見直す! 歯磨剤の泡立ち成分(ラウリル硫酸ナトリウム)や洗口液に含まれているアルコールは、口腔粘膜を刺激し口腔乾燥を進行させると言われています。そのためこれらの成分を含まない製品がオススメです^_^ よく噛むこと! 唾液腺を刺激して活性化させるためには、何よりも噛むことが大事です。柔らかいものばかり食べていると唾液がだんだんと出にくい状況になり、顎や口の筋力も低下します。 ガムの噛める方は、ガムを噛むことによる刺激で唾液分泌を促進することができるのでおすすめです。 3.規則正しい生活を送る! 唾液の分泌は自律神経でコントロールされています。規則正しい生活を送ることは自律神経のバランスを保つためにも大切です。喫煙やアルコール類も控えめに💦 4.鼻で呼吸する! 口を開けている状態が長いほど口は乾燥しやすくなります。鼻が詰まってなくても習慣的に口で呼吸をする方がいらっしゃいますが口を軽く閉じて鼻呼吸の習慣化に努めましょう。 5.定期的に歯科検診を受ける! 唾液は口の中を殺菌消毒する重要な働きがあります。そのため唾液分泌の少ない方は、よく歯を磨いていても虫歯や歯周病になりやすく、歯垢のチェックなど専門的な口腔ケアが欠かせません。歯科医院でチェックしてもらいましょう。 6.ストレッチ・体操リハビリ! 唾液腺マッサージや舌のストレッチが効果的です。「舌の突出を繰り返す」「上下左右に動かす」など口腔体操や、会話を増やす、歌う等も有効なストレッチとなります。 唾液によって口腔内が潤うと、味も感じやすくなり、食事の美味しさが一層楽しめます😊 気になることがありましたら歯科医師やスタッフにおたずねくださいね!

インドアビュー