いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

スタッフブログ
2018/05/30
歯の豆知識
2018/05/01
2018/04/01

ホームケアについて

こんにちは🌼!

仙台市泉区いずみ歯科医院、保育士の佐藤です!

本日は先月のブログの続きです。

前回、

当院ではお子さんですと、むし歯のリスクに合わせてになりますが、約3ヶ月に1回定期検診を行って、主にむし歯がないかドクターによる検診と歯科衛生士がフッ素塗布や、ブラッシング・歯磨き指導を行っていきます。
しかし歯科医院に来院するのは、数ヶ月に1回程度のため、やはりホームケアも重要になってきます。
歯科医院で高濃度のフッ素を専門的な方法で塗ってもらい、ご自宅で低濃度のフッ素を継続して利用して頂く、このどちらも必要なのです。

というお話をさせていただき、今回はホームケアにオススメな、歯磨き粉をご紹介させていただきます!

定期検診に来ていただいている方はご存知かと思いますが、
LIONで発売されている、
チェックアップシリーズです!

定期検診の際はこちらのシリーズの、チェックアップこどもという歯磨き粉で歯磨きをさせていただいております。
ストロベリー、アップル、グレープの3つの味があります。

⭐️Point⭐️
1、少ない泡立ち、やさしい香味
少量洗口が可能

2、ソフトペースト
フッ素が口腔内のすみずみまで広がる

3、低研磨性
歯や歯茎にやさしい

4、カチオン化セルロース配合
フッ素の滞留性が向上
*カチオン化セルロースとは?
フッ素の滞留性を高めるコーティング剤
プラス電荷をもつカチオン化セルロースが、マイナスのフッ素イオンを静電作用により、歯面に引きつけることで、フッ素の滞留性が向上します

次に、効果的な使用の3つのポイントです!

1、適正な使用量
一回の適正な使用量は、年齢によって異なります。
♦︎6ヵ月〜2歳♦︎
3mm程度

♦︎3〜5歳♦︎
5mm以下

♦︎6〜14歳♦︎
1cm程度

♦︎15歳以上♦︎
2cm程度

2、少量洗口
歯磨き後の洗口量は、約15mlの水で1回、5秒程度の少量洗口が推進されています。

3、使用回数、毎食後➕就寝前
う蝕(むし歯)リスクの高い方には、毎食後3回の歯磨きに加え、就寝前にはジェルまたは洗口液によるプラスケアがオススメです。

気になる際は、気軽にスタッフにお声掛け下さい。
いずみ歯科医院でも販売しておりますし、購入するためだけに来院していただいて、大丈夫です!

そして本日は、佐々木美佳さんの最後の出勤日でした。
この患者さんが最後の患者だ!
佐々木さんの、最後のお会計だ!
これが最後の先生との共同作業だ!
これが最後の、5人で乗るエレベーターだ!
と思うたびに、悲しくなっていました。

美佳さん、10年間お疲れ様でした!

最後の5人での写真です📷!

インドアビュー