いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

歯周病とは?主な原因と症状

こんにちは(´›ω‹` )
仙台市泉区 いずみ歯科医院
スマイルサポーターの皆川です!

今日は、歯周病についてのお話です☺︎

歯周病は明らかな症状がなく進行する
「歯ぐきがおかしいな…」と感じた時には
かなり重症化していたというケースが多いのです。

歯周病は、歯周病菌と呼ばれる菌の
増殖によって引き起こされます。
初期の段階で発見・治療ができれば
生活習慣の改善と口腔内のケアで治療が可能です。
症状が現れる前に、検査によって歯周病を
発見し、対策を始めるのも良いと思います。

✱歯周組織を壊す歯周病の原因✱
歯は、歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨から
構成される「歯周組織」によって支えられており、
容易には抜けないようになっています。
歯周病は、その歯周組織が侵される病気です。
健康な状態でも、歯と歯肉の境目には
小さな溝があり汚れがたまりやすくなっています。
歯磨きなどの口腔ケアによって汚れを
取り除いていれば問題はないが
ケアを怠っていると、この溝のところに
ネバネバとした物質がたまってきます。
ここには細菌がすみつきやすく
やがて細菌の塊であるプラークがついてしまいます。
プラークを放置しておくと、歯肉に炎症が起こって
赤く腫れ、歯と歯肉の間の溝が広がり
歯周ポケットが深くなっていきます。
プラークは、初めは柔らかいので
歯磨きなどで取り除く事が可能ですが、
時間が経つと固くて歯磨きでは取れない
歯石になります。
歯石は専門的な器具を用いないと
取り除くのは難しいです。
歯周ポケットのなかにプラークや歯石が付着すると
ポケットはますます深くなるが
この段階で歯科医院を受診し、プラークや
歯石を取り除く治療を受け、自分でも歯磨きなどの
適切な口腔ケアに努めれば
歯周ポケットは概ね元に戻ります。
しかし、放置を続けていると
歯周ポケットのなかで菌が繁殖し、ますます深くなる。
同時に、歯周組織の炎症も広がって、歯を支える骨が
溶かされて、歯を支える土台がすべてなくなって
ついには歯が抜け落ちてしまうことになる。
怖いですね(´×ω×`)

それでは、歯周病の進行の様子を
画像でみてみましょう!!

一番右のが歯ぐきが痩せて歯肉が
ブヨブヨしていますね∑(°□°)!!

歯周病の原因
①中年以降、②喫煙している、ストレスが多い・肥満であるなど、生活習慣に問題がある、③もともとなりやすい体質(遺伝)、④糖尿病などの免疫力が低下する病気を持っている、といったは人たちです。
なかでも、喫煙は組織修復機能の低下を引き起こし、プラークを増加させて炎症を大きくします。
喫煙されている方は禁煙を心がけましょう!

参考文献・絵:よくわかる歯科治療2014

歯周病は見た目が綺麗でも歯科医院で
レントゲンを撮ってみたら、歯を支えている
歯槽骨が失われていたという事もあります。
知らないうちに進行してしまうことが多いのです。
歯肉に違和感がある時は、まずは
歯科医院に相談してみましょう( ˙ᵕ˙ )

インドアビュー