いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

大人が守る子供の歯

こんにちは\ ♪♪ /

仙台市泉区 いずみ歯科医院

スマイルサポーターの皆川です!!

 

今回は子供の虫歯について

お話させて頂きたいと思います‎⌄̈⃝

大人より子供は虫歯になりやすいと言われています。

近年、歯科に関する研究が進み、技術も進歩して、親世代が子供の頃とは、歯の健康に関する常識が大きく変化している。

わが子を、虫歯にしないために、親はどうすればよいのだろうか。

一緒に考えてみましょう!

お子さんが歯が生え始め

色んな食べ物を口にする様になると

虫歯にならないか不安になりますよね( ・᷄・᷅ )

子供の虫歯は乳幼児の頃の虫歯と学童期の頃の乳歯から永久歯に生え替わる「生え替わり」期の虫歯があります。親はまず、子供の歯の状態や特徴を知っておき、適切な対処をすることが大切です。

乳歯と永久歯を比較すると、歯の基本のつくりは同じでも、乳歯には、より虫歯が進行しやすい特徴があります。

歯の中心にある歯の神経は、歯に血液や栄養を送りこむ大切な役目をしており、その周囲を象牙質、エナメル質が層をつくって守っています。

画像で比較してみましょう。

乳歯は神経が大きく、象牙質やエナメル質の暑さが永久歯より薄くなっています。

さらに乳歯のエナメル質は、永久歯に比べ軟らかい性質なので、虫歯になると、すぐ神経まで到達してしまいます。

また、乳歯から永久歯に生え替わり時期には抜けかかってぐらついた乳歯や、生え始めたばかりの永久歯が混在するので歯磨きも不十分になりやすいです。

乳歯も永久歯も、生えたての歯はいわば未完成な状態です。歯は生えた後、唾液の中からカルシウムやリン酸を取り込んでエナメル質を丈夫にしていきます。

乳歯は生えてから約2年間、永久歯は約3年間、磨き方を工夫したり、磨きやすい歯ブラシを選択するなどして、特に虫歯をつくらないように気をつける必要があります。

子供の歯は、虫歯になりやすいという意識を持つことが、子供を虫歯から守る第一歩といえそうですね!

虫歯は、歯の歯垢がつき、そのなかに含まれる虫歯菌が歯の表面のエナメル質を溶かすことにより発症します。これは大人も子供も変わりません。

では、その虫歯の原因となる虫歯菌は、どこからくるのでしょうか?

虫歯菌には赤ちゃんが生まれてくる時(産道を通る時)に、母親から感染する『常在菌』と、生まれた後で、周囲の人の唾液から感染する、いわゆる『ミュータンス菌』があります。

後者は虫歯にする力が非常に強い菌です。

だいたい1歳7ヶ月~2歳7ヶ月くらいの間に、周囲の大人の唾液を介して感染するといわれています。離乳期になると、つい周囲の大人が食べ物を噛んで与えたり、大人が使ったスプーンで食べ物を与えたりしがちですが、そうした行為がミュータンス菌の感染につながっているといわれています。

参考文献:絵       よくわかる歯科治療2014

日本経済新聞出版社   クラジ歯科医院院長

神経質になり過ぎる必要はないと思いますが、口移しで食べ物を与えるなどの行為は控えた方が良さそうですね∑(๑°口°๑)❢❢

お子さんがなかなか歯磨きをしてくれなかったり、仕上げ磨きをさせてくれなかったり甘いものをダラダラ食べてしまっていたりと、お子さんの歯が心配になる事があると思いますが、虫歯予防に大切な5つのポイントがあります!

それは、次回にでもお話させて頂きたいと思います\ ♪♪ /

インドアビュー