いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

歯ブラシは何を使ったらいい?

 

皆さんこんにちは。
仙台市泉区のいずみ歯科医院院長の大谷です。
歯医者にいらっしゃる患者さんによく聞かれることがあります。
「虫歯にならない歯磨きってあるんですか?」
この質問はほぼ毎日のように診療室の中を飛び交っています。
そこで、私の知る知識と、海外で発表されている論文をいくつか紹介しつつ、説明していきたいと思います。
今や歯科医療はEvidence Based Medicine(科学に基づいた医療)が主流で、なぜその事が効果的なのかを科学や調査による裏付けが根拠となって進められています。
実は、日常的なもので皆さんにも深く根ざした「歯ブラシ」についても調べられた論文があります。
【プラークコントロールに最適な歯ブラシのデザイン】*1
口の清掃状態が良好な36人のボランティアが、いくつかの歯ブラシを用いて60秒間磨いて、その後48時間磨かずにプラークの付着状態を検査するという研究がありました。
結果として、どの種類の歯ブラシを用いても、特定のデザインの歯ブラシによってプラークがよく除去できる、ということではない事がこの研究では示唆されました。
しかし、前提として、歯磨きの仕方がうまいボランティアが被験者となっている、という所がこの研究では前提となっていまし
た。
*1  Comparative single-use plaque removal bu tooth brushes of different designs ( Claydon N & Addy M. J Cain Periodontol. 1996; 23:1112-1116 )
【電動歯ブラシ vs 手用歯ブラシ】*2
343文献のうち、適当な21の研究が最終的に選択されて、定量的な分析は行われなかった。10の研究では電動歯ブラシが歯肉の出血や炎症に効果的だという結果でした。
つまり、11の研究ではそれほどまで差がない、という事です。
*2 A systematic review of power vs. manual toothbrushes in periodontal cause-related therapy(Sicilia A et al. J Cain Periodontol. 2002; 29(Suppl. 3):39-54)
【音波歯ブラシ(Sonicare®︎)の効果】*3
下の表をご覧ください。青い部分からオレンジの部分で、プラークスコア(汚れの評価)が下がっていますが、音波歯ブラシと手用歯ブラシでも音波歯ブラシの方が効果的にプラークを除去している事がわかります。
しかし、ここで注目して欲しいのは、「あまり差がない」かもしれないという事です。
*3 Comparison of a sonic and a manual toothbrush for efficacy in supragingival p;aque removal and reduction of gingivitis(Written CB et al. J Cain Periodontol. 1996; 23: 641-648)
・・・何だか難しい研究のようですが、私の解釈で言えば
歯ブラシの形や種類にはさほど差がない、という事です。
もちろん、硬さや大きさは人によって服のサイズや素材が合う合わないがあるのと同じでありますが、一番重要になってくるのは
「適切な磨き方」と「磨けない部分のクリーニング」にあると考えております。
お使いの歯ブラシや歯磨き粉などを聞いて、どのようにすれば綺麗にお口を保てるのか、ここがポイントになってくると思っているので、当院でも伺っております。
気になる方ですと直接お使いのものを持ってきて下さっています。
歯ブラシは高ければいい、長く磨けば良い、という訳ではないようです。
一人一人に合わせて適切なブラッシングをする事で、歯周病や虫歯を防ぐ事が出来ると私は考えております。
実際にどのようにしていくか、一緒に考えていきましょう!
(参考文献 「コレクテッド エビデンス vol.1 (弘岡 秀明著)」)
インドアビュー