いずみ歯科医院|仙台市泉区の歯医者

フロス(糸ようじ)の大切さ①!!

こんにちは!

仙台市泉区 いずみ歯科医院 衛生士の佐々木です(^_^)

今回は歯と歯の間をお掃除するのにとても大事なフロスについてです!

 

虫歯も歯周病も、プラーク(歯垢)が原因で起こります。口の中の病気を防ぐには、徹底したブラッシング が必要ですが、十分に行えていない人が多いです。

特に磨き残しになりやすい箇所として、「歯と歯の間」!それは、虫歯の主な発生場所と なっています。
なぜなら歯ブラシだけのお掃除では、歯と歯の隙間の 汚れは落としきれないのです。
歯ブラシは歯の表面の汚れを除去することには適していますが、歯と歯の間の汚れは十分に除去できない のです。

虫歯や歯周病、口臭などのトラブルを防ぎ、口の中を清潔に保つには、歯ブラシを使ったブラッシング に加えて、デンタルフロスを使ったフロッシングを行うことが有効です。

最近、サンスターのGUMのCMで『ハブラシだけでは、歯間の歯垢を60%しか落とせない』とやっていますが、それは本当なんです!!

自分ではブラッシングで口の中がキレイになったつもりでいても、実は歯の隙間にプラークが残っている のです。
歯の隙間のプラーク除去には、隙間専用の補助用具が必要で、デンタルフロスの活用が有効です。

また、プラークは口の臭いの原因にもなるので、歯と歯の隙間にプラークが蓄積している状態では、 口の臭いがきつくなっている可能性があります。
口臭の予防・改善にも、デンタルフロスを使った清掃が効果的なんです!

使い方は簡単です!

絵:林歯科医院さんより

上から一気に押すと歯茎に当たって痛かったり、出血の原因なったりするので

のこぎりを引くようにゆっくりスライドしながら入れてあげます。

歯茎のところまで来たら、歯の側面を2〜3回こするようにしてあげるとさらに汚れが落ちやすいです。

初めての方はホルダーについているタイプもあるのでそちらを使ってみて下さい。

使い方が分からない場合はスタッフに気軽に聞いてみて下さい。

フロスと同じように歯と歯の間を清掃する道具として『歯間ブラシ』もありますが、

その方に合わせてフロスと歯間ブラシ、どちらを使った方がいいのかが異なりますので

その違いは次回ご紹介したいと思います。

フロスを使って虫歯や歯周病のない、健康なお口の中を維持するとともに必要になって来るのが定期健診です。自分だけでは落としきれないプラークや歯石の除去、虫歯の早期発見などにも繋がりますので、半年に1回の検診で豊かな生活を送りましょう!!

インドアビュー